Treatment details

施術詳細

サクセンダ(GLP-1ホルモン注射)

 

サクセンダ(GLP-1ホルモン注射)とは、痩せるホルモン「GLP-1(ジーエルピーワン)製剤」を用いた、

“痩せやすい体質”をつくるメディカルダイエットです。

GLP-1(サクセンダ)は、米国食品医薬局(FDA)、ヨーロッパ医薬品許可当局(EMA)、

食品医薬品安全処(MFDS)の承認を取得し、肥満治療薬として安全性が確認されている薬剤です。

 

GLP-1はもともと体内に存在するホルモンで、食後に小腸からでる「インクレチン」の一つです。

GLP-1は胃腸の動きを制御し満腹感を持続させ、食欲を抑える働きがあります。

GLP-1が少ない人は食欲が抑えられず太りやすく、逆にGLP-1が多い人は適量の食事で満腹感が得られるため太りにくいとされています。アメリカでは肥満治療薬として認可されています。

GLP-1(サクセンダ) を1日に1回、毎日決まった時間にご自身で皮下注射することで食欲を自然に抑え、食事の量を減らすことができるのです。

 

 

◆こんな方におすすめ

いつも食べ過ぎてしまう

間食や夜食が多い

健康診断で内臓脂肪が多いと診断された

 

 

GLP-1で血糖値をコントロールし血糖値の急上昇を防ぐことで体脂肪をつきにくくする

 

肥満の最大の原因は、一度に大量の糖質が体内に入ると、血液中のブドウ糖(血糖)が急増して、肝臓と筋肉に蓄えきれず、余ったブドウ糖はすべて体脂肪になってしまうことです。

体脂肪を増やさないためには食生活も大事ですが、GLP-1を体内に増やすことで、血糖値を調整してくれるインスリンの分泌を促し、

インスリンが血液中のブドウ糖(血糖)を筋肉や肝臓などの臓器に取り込ませる結果、血糖値は低下し、体脂肪がつきにくくなるのです。

 

 

GLP-1で自然に食欲を抑制

 

GLP-1は視床下部の摂食中枢に作用し食欲を抑制するので、少量の食事摂取で満腹感が継続し、食物摂取量の減少が期待できます。

食事制限をするのがつらく、すぐリバウンドしてしまう方や運動が苦手な方のストレス軽減にもつながり、治療が続けやすくなります。

 

 

GLP-1で内臓脂肪の燃焼をサポート

 

GLP-1には熱産生を促す働きがあるため、年齢とともにつきやすくなる内臓脂肪を燃焼しやすい身体になっていきます。

脂肪吸引は落としにくい「皮下脂肪」の減少効果はありますが、内臓脂肪の減少効果はありません。

内臓脂肪を落とすためには、食事療法を始めとしたダイエットが必要になります。

GLP-1ホルモン注射は自然に食欲を抑制し、内臓脂肪の燃焼も促して痩せやすい体質に改善することができるため、適度な運動も一緒に取り入れるとさらに効果が増大します。

 

 

 

◆処方の流れ

①医師による診察

食生活や生活習慣などを伺いながら、サクセンダが適しているか診察し、体質や持病などに合わせて治療を行います。お気軽にご相談ください。

 

②血液検査

サクセンダの使用が可能か採血をします。結果が出るまで1週間ほどお時間をいただきます。

1週間後に公式LINEまで結果のお問い合わせをお願い致します。

(1年以内の採血結果をご持参いただけますと採血なしでの処方も可能です。)

糖尿病、膵炎、重度の腎臓機能障害、肝機能障害がある方は、治療が出来ないことがあるため、治療を開始する前に検査を行い、体調や体質を調べることで安全にダイエットをスタート致します。

 

③自己注射

スタッフより打ち方の指導をさせていただきます。注射する場所を消毒用アルコール綿で消毒し、患者様ご自身でお腹、もしくは二の腕に注射していただきます。

 

④毎日の注射

毎日決まった時間に注射をし、毎回同じ場所に注射しないように少しずらした場所に注射してください。針は医療廃棄物となりますので次回来院時に当院までご持参ください。

 

 

 

◆価格(税込)

1本 ¥20,000

血液検査 ¥4,000

※1年以内の健康診断等の血液検査の結果をご持参いただきましたら、血液検査なしで処方も可能です。

 

 

 

◆副作用について

【主な副作用】悪心、嘔気、嘔吐、食欲不振、胃のむかつき、倦怠感

稀に、注射部位の腫れ・赤み・かゆみ・内出血が起こることがあります。

【重篤な副作用】胃腸障害、低血糖(糖尿病患者)、動悸、手足の震え、目眩、頻脈、甲状腺疾患、胆石症·胆嚢炎(激しい腹痛、背部痛、幅吐、発熱など)、急性膵炎、 急性腎不全、 アナフィラキシーショック、腸閉塞 、うつ、自殺企図

※気になる症状がでた場合は使用を中止し、当院までご連絡ください。

・吐き気の副作用は約40%の頻度で出現しますが、薬剤が体内に適応して徐々に収まっていきます。

・必ず使用量や回数、使用方法を守ってください。

・副作用が出た場合、治療費用は患者様の自己負担となり当院では一切責任を負いません。予めご了承ください。

 

 

 

◆注意事項

既往歴、現病歴、手術歴、使用中または服用中のお薬やアレルギー、妊娠出産、授乳についてなど、その他お体で心配なことについては、診察時に事前の申告をして下さい。申告が無い場合は、当院は一切の責任を負いかねます。

 

 

 

使用する薬剤について

未承認医薬品(国内承認医薬品)

入手経路:国内販売代理店経由で入手

諸外国における安全性等に係る情報に関して:アメリカ、韓国、ヨーロッパなどで承認済み。

同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等の有無:日本では2型糖尿病の治療薬として承認されていますが、その他治療薬としては承認されていません。

 

 

 

◆下記にあてはまる方は、安全の観点から処方をご遠慮いただいております。

・BMI17以下の方

・糖尿病ですでに加療されている方、インスリンをご使用の方

・他のGLP-1受容体作動薬をご使用の方

・GLP-1注射アレルギー、過敏症の既往のある方

・妊娠中、授乳中、妊娠希望の方

・18歳未満の方

・甲状腺髄様癌の家族歴/既往歴のある方

・膵臓に異常のある方

・透析治療中の方

・心疾患、腎疾患、自己免疫疾患、膠原病、てんかんの既往がある方

・その他医師判断により使用不可と判断された方

 

 

 

◆Q&A

 

Q.副作用はありますか?

 

A.嘔気、嘔吐、食欲不振、胃のむかつき、倦怠感などを感じることがあります。

体が薬に慣れてくると、次第になくなっていきます。

 

 

Q.注射をするタイミングはいつでも良いですか?

 

A.ライフスタイルにもよりますが、注射後24時間効果が持続し、その中でも12時間が最も食欲が抑えられます。

一般的には午前中に注射をしていただくと昼、夜の食事量を調整しやすいかと考えられます。

 

 

Q.決めた時間に打ち忘れた場合はどうすれば良いですか?

 

A.いつもと同じ時間に投与し忘れた場合は、12時間以内であればすぐに注射をしてください。

12時間以上経過している場合は、次の日にいつもと同じ時間に注射をしてください。



料金表 - Price List -

内容 正規価格 会員価格 備考
サクセンダ(GLP-1ホルモン注射)1本¥30,000¥30,000
血液検査¥4,000¥4,000

※ 価格は全て税込価格です。

access

〒530-0012大阪府大阪市北区芝田2丁目7-18
ルーシッドスクエア梅田8F

診療時間
11:00 - 19:00
(最終予約18:00)

完全予約制となります
院長は水曜日と日曜日が不在です(△マーク)

PAGE TOP

WEB予約はこちらから RESERVATION

WEB予約はこちらから RESERVATION

btn_rsv_line.png